Go to Home

CCRUM

ウナニ楽品研究中央委員会」CCRUMはインド統治の保健家族福祉省の自動機構として1978年に確立されまして、ウナニ薬の多面的な研究活動に従事しています。調査に選ばれた領域は臨床研究、薬物研究、文学研究及び薬草の調査と耕作プログラムを含んでいます。協議会は25研究所/ユニットのネットワークがあり、国の異なった地域では、機能します。これらは二つのウナニ薬中央研究所を含んで、ハイデラーバードとラクナウではそれぞれ1つずつあります。八つのウナニ薬地球研究所を含んで、チェンナイ、バドラック、パトナ、コルカタ、アリガル、ニューデリ、スリナガル及びムンバイ等の町で1つずつあります。六つの臨床研究ユーニットを含んで、アラハバード、カリムガンジュ、アッサム)ボパール、バルハンプール、バンガロール及びミーラットで1つずつあります。ニューデリーで1つのウナニ医療センター、四つの規格化研究ユニットがあり、ニューデリー、ラクナウ、チェンナイ及びバンガロールで1つずつあります。又、ニューデリーではアリガルの化学研究ユニット及びニューデリーの文学研究所が機能しています。協議会の本部がニューデリーにあります。存在の過去25年間以上の間、協議会は研究計画における重要な進歩をしました又、国の研究の主要な機構であることを現れました。

臨床研究のプログラムの下で、協議会は30の病気についての臨床実験を取り上げました。それらのいくつかは国家の重要度を持っている。これらは、バルス (白斑)、 ナール-エ-ファルシー (湿疹)、 ダウス サダーフ (乾癬)、 イルテハブ-エ-カビド (肝炎)、 ハサツル クリヤ ワ マサナ (腎臓と膀胱の結石)、 カラフ-エ‐メダ ワ アスナ-エ-アシャリ(十二指腸潰瘍)、 イシャール-エ―ムズミン (慢性下痢)、 イシャール-エ-アフタール (乳幼児下痢症)、 ディーダン‐エ-アマ (蠕虫病)、 ワラム-エ-クリヤ (腎炎)、 ラブ-エ-ナズリ (熱帯. 肺好酸球増多)、 ジャブルアジュファン (トラコーマ)、 ワラム-エ-リッサ (歯肉炎)、 カサラット -エ-タムス (メノッラギア=‘激しい月経出血’)、 サイラン-ウル-ラヘム (白帯下)、 フッマ-エ-イジャミア (マラリア)、 ズサンタリア メヴィ (アメーバ赤痢)、 フッマ-エ-アスワド (カーラ アザル、リーシュマニア症)、 ダウル フィール (フィラリア[糸状虫]症)、 ジアベテゥス スカリ (糖尿病)、 ワジャ-ウル-マファシル (リウマチ性関節炎)、 イルテハブ-エ-タジャウェーフ-エ-アヌフ (静脈洞炎)、 ジークン ナファス (気管支ぜんそく)、 カサラット-エ-シャフムッダム (脂質異常症)、ファリッジュ-エ-ニスフィ (片麻痺)、 イルく-エ-マダニ(メジナ虫症)、 ザグテゥッダム クァウィ (高血圧)、 ムズミン ズベフ-エ-サダリア サビット (慢性安定狭心症)、 バワシール (痔疾)、 タカッスル クリヤ ムズミン (慢性腎不全) を含んでいます。これらの病気では、多面的な研究が行われました。協議会は今までのところ、異なったいくつかの病気で120の新しい定式化/医療品の調査を受しました。予備審査で、有効的に証明した55定式化/医療品を使って大規模な臨床試験が行われました。これらの中で、30の医療品に関する研究は完成しました。バルス (白斑)、 イルテハブ-エ-カビド (肝炎)、 ジークン ナファス (気管支ぜんそく)、 イルテハブ-エ-タジャウェーフ-エ-アヌフ (静脈洞炎)、 ワジャ-ウル-マファシル (リウマチ性関節炎)、 ナール-エ-ファルシー (湿疹)、 ダウス サダーフ(乾癬)、 フッマ-エ-イジャミマラリア)、 ダウル フィール (フィラリア[糸状虫]症)、 イシャール-エ-アフタール(乳幼児下痢症)、 イルく-エ-マダニ (ギニア虫 侵入) 及び サイラン-ウル-ラヘム(白帯下) 等のいくつかの慢性病の成功的な治療で重要な先導は達成されました。協議会は今までのところ、20の医療品を発生しました。論文数の形で研究を発表することによって、12医療品は既に復号でした。協議会によって開発された18個の新薬が特許の付与権利のために既に出願されました。一方、11療が特許をとることの途中にあります。それに、協議会によって開発された24個のキット薬が一般的の/季節の疾患が暫定特許のために既に出願されました。

=協議会は治験の他に、ムンジズとムシル療法、ハジャーマット(吸角療法)及び浸出等のあるウナニ療法の有益な効果を病気のいくつかで評価されました。これらの療法はワジャ-ウル-マファシル(リウマチ性関節炎)、イルクン-二サ(坐骨神経痛)、ザッゴテゥッダム カウィ(本態性高血圧)ナル-エ-ファルシ(湿疹)及びフラースト バイト等のいくつかの慢性病の成功的な治療で非常に治療可能性であることを立証されました。

=臨床的な研究の領域、国家の評判の他の科学的組織及び主な医学部と病院との共同研究又、薬標準化と品質管理、安全評価と毒性研究そして、生物活性分子の開発も続けられています。これらの共同研究所がCSIR、V.B.パテール胸インスティテュート、ニューデリー、デッカン医科大学、ハイデラバード、ガンディー医科大学、ボパール及びNRD-ニューデリー。」

また、研究活動は別として、普通の病気に処理と医療健康保険制度施設を協議会の臨床センターの一般なOPDで提供しています。200000人以上の患者が毎年治療されます。ユナニ・メディカル・センターはISM&Hの部(現在のAYUSHの部) によって1998に都市のニューデリーのDr.ラーム・マノハル・ロヒア病院で設置されました。このセンターは協議会によって経営されています。それは異なった慢性の異状の治療で非常に良い一般の反応を獲得しました。多くのケースがRMLの異なった部、病院から参照されます。センターは今までのところ、19万人の初診の患者の以上に登録してあります。また、研究の指向の高齢者医療保証施設は都会のスラム街/田舎の、そして、部族のポケットで続けられました。180の村/スケジュールカーストとスケジュール部族の田舎での人口の200万より上でこのプログラムによって助けられていました。2、5万を超えて、患者はためになられました。特に小学生の中で病的状態を減少させるために、また、学校健康計画は様々なセンターで続けられています。

ユーモアと性分に関する基本概念を科学的に説明するために、ウナニ薬の基本的な面の研究は続けられています。段階Iは性分の評価に関する研究は既に完成しましたが、段階IIは異なる性分に関連して取得病の感受性のために権利された研究を進行しています。

薬標準化研究プログラムで協議会は今までのところ、277の単一のドラッグと385の合成製剤化を成立させることができました。122の単一のドラッグの標準活動はインドの国際ウナニ・パルマコーポイア で合体された。また、合成製剤化のための標準操作手順(SoPs)の開発に対する仕事は開始されました 。それに加えて、アーユッシュの部によって割り当てられた 48 ウナニ薬 の薬局方標準のために、研究されました。また、ウナニ製剤化における、重金属の存在に対する仕事は協議会の薬標準化実験室で開始されました。

科学・工業研究評議会(CSIR)との共同で、54 ウナニ製剤化の生物活性の分子の開発に関する研究も続けられます。異なったサンプルで報告された結果は免疫調節の、抗菌な抗真菌性、肝臓保護的な活動が思わせ振りです。さらに、反リーシュマニア型、酸化防止剤、反フィラリア性、抗不安性、および抗うつ剤活動。

薬用植物の調査と耕作プログラムでおよそ59462植物標本を植えて11の州での異なった森林地域のエスノ植物の探検が行われました。そのうえ、9000の異なった部族からのクレームも集めてあります。この情報に関するデータベースは、4本のボリュームで既に開発されて、刊行されました。薬用植物の実験的及び大規模な耕作プログラムで、協議会は実験の元におよそ22の重要な植物種を培いました。異なった植物のための農技術は開発されました。現在、アトリラールアッミ・マジュス、グルナール・ファルシー(プニカ・グランタム・リン)(流産の種)等のいくつかの植物を大規模に耕作されています。また、協議会はラクナウで薬用植物の庭又、協議会の異なったセンターで保育園を開発しました。また、協議会は9000の人々のクレームを集めたが、これらの中で、6,000のクレームが北インドの民間伝承での薬用植物、 南インドの民間伝承での薬用植物、ビハールとオリッサの民間伝承での薬用植物及びカシミール・ヒマーラヤーの民間伝承での薬用植物等のタイトルで4本のボリュームで発行された。

文学研究プログラムで、協議会は52冊の重要な古典的な原稿/本に関するアラビア語/ペルシア語からアルドゥー語と他の言語までの翻訳を持ち出しました。また、2本の編集の他に異なった病気に関する17のパンフレットと説明書も完成されました。14古典から集めた77000製剤化からなるウナニ古典からの利用可能な情報のデータベースを伝統的な知識デジタル図書館(TKDL)プロジェクトの下で35冊に開発されました。

協議会は様々な流行病と自然な災難の間、医療援助仕事に参加しました。そして、ウナニ薬を通して医療健康保険制度を提供しました。ウナニ薬は異なった流行病を管理するのにおいて非常に効果的であると判明しました。

研究情報と科学的共同体との相互作用の普及を目的として協議会はウナニ薬の2回の国際セミナー/相談、13回の国家セミナー及び20回の講習会を構成されました。協議会の研究者は今までのところ、1400研究論文を生成されました。これらの論文は異なったセミナーで提示されました。およそ250研究論文はインドの異なった国際科学雑誌に発行されました。様々な部分で知識を更新する目的で医学教育プログラムを続けられています。

それに, 国家の先順位そして他の生活様式病に関する研究を続けています。また、ウナニ薬が免疫レベルを強化し、生活の質を改善する際に決定的な役割を果たすことができるHIV/AIDS及び癌等の新しい医学の挑戦を干渉するために協力も続けられています。協議会のウェブアドレスは www.unanimedicine.orgです。

Session Timeout